Subscribe via RSS Feed

「Joint International Symposium on Science and Technology」 テクニシャンプログラム


岩手大学理工学部において、タイ王国キングモンクット工科大学ラカバン校との合同シンポジウムが開催されました(岩手大学HP 2017年6月のニュース)。理工学系技術部からも5名がポスター発表を行い、また、ラカバン校の技術系職員を対象としたテクニシャンプログラムを実施しましたので、簡単に紹介します。

 「Joint International Symposium on Science and Technology」
   日時:平成29年6月15日(木) ~ 17日(土)
   会場:岩手大学 銀河ホール、他
   参加校:岩手大学、King Mongkut’s Institute of Technology Ladkrabang

 

ラカバン校からは教員、職員、学生の計26名が来学しました。技術系職員(化学系1名、物理系1名)が参加することから、理工学系技術部によるテクニシャンプログラムを企画しました。

 テクニシャンプログラム内容
  6月15日(木)
   ・学生実験(有機化学)の見学
   ・高度試作加工センターの見学、工作機械のデモンストレーション
  6月16日(金)
   ・平泉文化研究センターの見学(3Dレーザースキャン、各種分析装置)、
    農業教育資料館の見学
   ・研究推進機構の見学(各種分析装置、寒剤)とデモンストレーション
   ・マテリアルコース所有の分析装置の見学
加工センター 平泉文化研究センター
研究推進機構 マテリアルコース

各見学先では技術部スタッフが英語で説明し、質問を受けたり、ラカバン校の様子を聞いたりと、活発な意見交換が行われました。海外の大学の技術系職員に、技術部として対応するのは初めてだったため、見学先の選定、英語での案内や説明など、慣れないことも多かったのですが、貴重な機会となりました。また、16日の夜には職員と学生向けに懇親会を開催し、昼も夜も”おもてなし”できたのではないかと思います。

 

 

 

<おまけ>

バンケット ← バンケット メニュー表

15日の夜に参加者全員を対象にしたバンケットが開催され、その際のタイ語版メニュー表を、技術部職員が作成しました。さすがにタイ語だけでは何が何だか…

Written by T

(2017.8.10)

Category: その他