Subscribe via RSS Feed

ベストポスタープレゼンテーション賞をいただきました


「第83回日本分析化学会有機微量分析研究懇談会 第101回計測自動制御学会力学量計測部会 第33回合同シンポジウム」(5月26日(木)~28日(土)、いわて県民情報交流センター(アイーナ)及び本学復興祈念銀河ホールにて開催)にポスター発表(発表者:○藤崎聡美・會澤純雄・桑静・平原英俊、発表題目等は以下に記載)で参加し、ベストポスタープレゼンテーション賞を受賞しました。

現在、平泉文化研究センターにて世界遺産である平泉文化の遺跡・庭園・建造物等の三次元計測調査とデジタルアーカイブ化やそのデータ解析を進めており、、本ポスター発表ではその成果の一部を報告しました。点群データで構成された遺跡やデータ解析を経て地表の形状が浮かび上がる様子などを紹介したところ、多くの方に関心を持っていただくことができました。

本シンポジウムには初めて参加しましたが、実行委員の立場であったりセッションの座長であったり、と、多くの技術職員が運営に携わっていたようです。本学からは、中條しづ子技術専門員と水戸部祐子技術専門職員が実行委員として準備段階から会にご尽力されておられたのでここにご紹介させていただきます。

【ベストポスタープレゼンテーション賞】
受賞者 :藤崎聡美(岩手大学技術部理工学系技術部)
発表題目: 3Dレーザースキャナによる平泉世界遺産のデジタルアーカイブ化
発表者 :○藤崎聡美・會澤純雄・桑静・平原英俊

本受賞につきましては、岩手大学のHPにも掲載されました。
以下のURLからご覧ください。
http://www.iwate-u.ac.jp/news/news201606.shtml#2808

本受賞に際し、ご指導いただきました理工学部(兼平泉文化研究センター)の平原英俊教授・會澤純雄助教・桑静研究員と平泉文化研究センター長の藪敏裕教授に感謝申し上げます。

Written by F@

(2016.7.27)

Category: 化学・生命技術グループ